2007年06月27日

「たった一つのポイント」に集中する英語上達法

この「たった一つのポイント」に集中する英語上達法を見つけたのは
現在、行政書士兼多言語翻訳者の網野さんといわれるかたです。

この方は、日本語を入れて10ケ国語を使って仕事をしています。
しかし、この方が、大学まで普通の人と同じように、ほとんど英語も
その他の言語も話せなかったのです。

その状況から、いかにして現在の10ケ国語をあやつる
スメシャリストになったのでしょうか。

NHKラジオのビジネス英語のなかで、
「日本人は名詞に強く、動詞に弱い」というのを聞いたのです。

そのことが、頭に引っかかって、
今回の「たった一つのポイント」にたどり着いたのです。

そうです、この動詞に目を向けた上達法があります。
これを集中することで、みるみる英語が聴けるようになり、
話せるようになります。

この先は、この方の無料のレポートがありますので、
「アドセンスの情報欄」から、
「たった5分で英語力アップ」から無料レポートをゲット
してください。

読むたけでも参考になりますよ。
ラベル:英語 英語上達法
posted by Nick左中 at 20:28| 英語 上達法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月25日

公立高校受験必勝法!!

公立高校受験目指しているお子さんをお持ちの方への朗報です。

成績優秀で高校受験は心配ないというお子さんの場合には
この話は不要です。

しかし、一生懸命頑張っているのに、なななか成績伸びない。
もう一歩上の学校を目指したい。

頑張って、友達の行く学校に行ける学力を付けたい。

このように悩んでいるお子さんをお持ちの方、
実は、多くの中学生が本当の勉強のやり方がわからないまま
高校入試を迎えているのです。

どんな学力の子でも、このやり方を教えると、
時間を忘れて勉強に集中し、発想力と記憶力がどんどん向上します。

実はこれは私たちがふだん勉強するときに使っているのとは、
まったく違った頭の使い方をする、そんな勉強方法なのです。

こんな方法があったら、

あなたのお子さんに教えてあげたいと思いませんか。

このブログにある情報欄の中から、

「不合格になる人の学習方法」を探してクリックしてみてください。

そこに、この答えがあります。
いろいろとページを見ていくと、必ず出てきます。
わたしも、どのタイミングででるかわからないのですが、
不親切ですみません。

しかし、この勉強方法はお薦めですよ。今からでも間に合います。
もとろん、英語の勉強方法もあります。
ラベル:公立高校受験
posted by Nick左中 at 21:05| 英語 中学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月21日

「英語を覚えよう」と思うから覚えられない

私たちは、「英語を覚えよう」とすると、
なかなか覚えられません。英単語もそうですね。
実は、『覚えよう』と意識すると、左脳が働いていいんじゃないか?
と思われるかもしれませんが、ここに大きな誤解があるのです。

何度も歌を歌っていたら、自然に口ずさんでいたという経験はありませんか。
自然に覚えたものや本当に必要で覚えたものは、いつまでも覚えています。

しかし、悲しいかな覚えようとすると、なかなか覚えられません。
記憶しようとする意識は、左脳の役目で、忘れやすいという欠点もあるのです。

しかも、潜在意識の中で、覚えるのは難しいのではと思うと、
右脳は協力してくれません。
 
一番いいのは、右脳と左脳の両方が働いて、さらに学習効果が高まることなのです。
 
最近、スピードラーニングという言葉が言われるようになりました。

それは、クラシック音楽をバック音楽にして、覚えようとしてしまう脳の緊張を取り除き、右脳を活性化させます。 

さらに、英語を何度も繰り返し聞いて、CDの内容をイメージすることにより、

右脳が働いて、大量の英語をインプットできるのです。

その英語を速聴で聴くと、より効果を生みます。
一度、試されてみてはいかがでしょう。

■仕事や試験に役立つ英語教材ガイド

posted by Nick左中 at 20:30| 英語 勉強方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月19日

聞き流すだけで英語がマスターできる!!

「スピードラーニング」をご存知ですか?
聞き流すだけで英語がはなせるようになると言うものです。

私の言っていることと同じですね。

しかし、毎日5分でと言われていますが、
せめて、12分から20分のほうが効果的と思います。

人間の脳には右脳、左脳があるといいましたが、
記憶しょうとする意識は左脳の役目です。

しかし、左脳は覚えるけど、忘れやすいのです。
そうです、嫌なことをいつまでも覚えていたら、大変なことに
なります。気が変異なると思います。

だから、脳は忘れる役目もあるのです。

しかし、右脳を活性かすることで、
大量の英語を覚えさせることができます。

しかも、バックに音楽を聴けばもっといいですね。

みなさん、はじめは半信半疑だとおもいますが、
多く体験者がこのスピードラーニングで話せるように
なっています。

一度、「スピードラーニング」を調べられたら
面白いと思います。

上の情報欄を探してみてください。

">■仕事や試験に役立つ英語教材ガイド■
 http://eigokyouzai.satyuu.com/
posted by Nick左中 at 20:45| 英語 ヒアリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月18日

中学の英語ができたら話せる?

良く、中学校でならう英語を習得したら話せる。
と言う人もいます。

しかし、現実は無理だと思います。
読むことは出来るようになりますが、
聴くことが十分のできないと思います。

それは、中学校での学習では、英語を聞き分けられる
英語耳が出来ないからです。

絶対にとはいいませんが、ほとんどの人は、
なかなか難しいでしょう。

だから、先ずは、英語を聞ける耳を作ることが
早道といえます。

是非、このブログにも色々な英語、英会話関係の
サイトが出ていると思いますが、
先ずは、このポイントを重視しているところを
選ぶのはいかがでしょうか。

最近、テレビでも「聴くだけで話せる」というCMが出ていますね。

これは、理屈に合っていると思います。

毎日、音楽を楽しむように聴くのです。
昨日のブログで、音楽を聴いて英語が話せるようになった方の
話をしましたが、まさに、この聴くから初めて、
しかも、楽しみながら英語を覚えたのです。

こんなに楽なことはないですね。

">■仕事や試験に役立つ英語教材ガイド■
 http://eigokyouzai.satyuu.com/
ラベル:英語 中学
posted by Nick左中 at 19:48| 英語 中学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月17日

ロスで驚いたこと

わたしの若いころ、サンフランシスコ、ロサンゼルスに出張した時のことです。

わたしは、その頃英語が十分はなせなく、不安の出張でした。

あるコンピュータ関係のF社の社員と一緒だったのですが、
その人は、英語がペラペラなのです。

「どうして、そんなにしゃべれるの?」
「何か特別に英会話を学んだの?」

と聞いてみました。すると、意外な言葉が返ってきたのです。

「特別なことはしていませんよ。」

いったい、どうしてそんなに話せるようになったのでしょう。
わたしの好奇心は最高潮です。
すると、彼は言いました。

「ずっと、英語の音楽を聞いていたら、自然に話せるように
なったのですよ。」

「エッ!!、音楽を聴くだけ???」

その時には、どうしてという気持でわかりませんでした。
しかし、今はわかります。

英語を聞く耳が出来たのです。そして、音楽により、
潜在意識の扉が開き、自然に英語が頭の中で入り込んで
話せるようになったのです。

驚きです。これは、本当の話ですよ。

■仕事や試験に役立つ英語教材ガイド■ http://eigokyouzai.satyuu.com/
ラベル:英語 会話
posted by Nick左中 at 18:02| 英語 会話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

セカンドライフで英語学習

皆さん、「セカンドライフ」はご存知ですか。
ITに詳しい人は、もう試されたことがあるのでは。

アメリカで開発されたバーチャル世界の「セカンドライフ」ですが、
結構、面白いことにも使えそうです。

なんと、この「セカンドライフ」内に、英会話教室が
開かれたそうです。

ほとんどがが、英語で話されているので、
このアイデアは面白いですね。

英会話教室せ学びながら、実際にに外国人と話をしてみる。

学びと勉強が、あぞび感覚で出来そうです。

支払いは、「セカンドライフ」内の共通通貨で支払いだそうです。

本当にセカンドライフのバーチャルな世界が
バーチャルで楽しめそうですね。

インターネットを使った色々な試みは、
今後、どんどん出てきそうです。
目が話されませんね。

もちろん、英語もパソコンを使って、一人で
十分できる勉強方法がありますよ。

それは、先ずは、英語をどんどん聞くことですね。

■仕事や試験に役立つ英語教材ガイド■ http://eigokyouzai.satyuu.com/
posted by Nick左中 at 17:49| 英語 会話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月16日

潜在意識を使う英語の上達法

皆さんは、脳は左脳と右脳に分かれていて、今、右脳開発がいろいろ言われています。

実は、もう一つ大切なことがあります。

脳の右左の関係と上下の関係があるのです。

それは、「潜在意識」と「顕在意識」という上下の関係の意識です。

氷山が表に出ているのは、全体の10分の1と言われていますが、
人間の脳の「潜在意識」と「顕在意識」はそんな感じです。

「顕在意識」とは、現実の世界を見ながら活動していますが、
「潜在意識」は自分の心の深いところに、静かに存在しています。

しかし、この「潜在意識」と「顕在意識」間には壁が存在しています。

その壁を空けて、潜在意識にアクセスしていけるようになると、
驚くようなことが起こってきます。

英会話が出来るといったことだけではありません。
不思議な力が出てくるようになります。

実は、この壁を取り除く方法が、高速で英語を聞くことです。
もちろん日本語でもいいのですが、ここでは、一石二鳥で英語を聴くことで、この「潜在意識」の宇宙からの力をもらえればいいですね。

英語が聞けるような耳になり、しかも、飛躍的に上達していきます。
これが、「潜在意識」を使う英語の上達法なのです。

■仕事や試験に役立つ英語教材ガイド■ http://eigokyouzai.satyuu.com/
posted by Nick左中 at 19:11| 英語 上達法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

英語コンプレックスを吹き飛ばせ

英語にコンプレックスを抱いていませんか?

よかったですね〜、もう苦労なんかして英語を覚える必要はなくなりました^^
数日後には英語でしゃべりたくて仕方がないあなたがいます。

とこのようになりたいですね。

有意義な時間をすごせる。楽しいひと時をあ味わえる。そんな英語勉強方法があれば^^

あなたが普通に英語でお喋りできるようになる、その第一歩はどんな方法があるでしょう。

それは、ほんの少しの英単語を意識してください。それで解決です。

英単語というと、英単語帳を思い出しますが、そんなものではないのです。

けして難しく考えないでください。今までの苦労を一掃する、気分すら晴れやかになれる、英語のマスター方法なんです。

このまま英語を喋れないで一生すごしていくのも良いでしょう。

選ぶのはあなたです。しかし、安心して取り掛かりましょう。 

その一つは、ある会社が開発した絶対記憶というシステムです。 

一度調べてみてください。納得できますよ。

もちろん、Nick左中も使っています。イメージトレーニングにも利用していますが。なかなかすぐれものですよ。

悩んでいたのが嘘のようです。

■仕事や試験に役立つ英語教材ガイド■ http://eigokyouzai.satyuu.com/
ラベル:英語 勉強方法
posted by Nick左中 at 18:55| 英語 勉強方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

英語の勉強は何から始める?

とにかく今は英語がしゃべれなきゃ、いつ必要になるかわからないですよね。
すごく都合のいい上達法を見つけました。

あっと言う間に英語がマスターでるのです。

あなたはすぐに外国人と対等にお喋りできるようになるでしょう。
そんなあなたになってみませんか?

困っている外国人を見つけたら率先して話しかけ、助けてあげられますよ。

毎日のほんの少しの積み重ねで、すぐにそこまでの英語が身につく勉強法です。

あなたが英語を喋りたくて、しゃべりたくて、困っている外国人を探し回る日も近いですよ^^

自分でもびっくりするくらい、見る見るうちに上達が可能です。
気分いいですよー!すんなり単語が出てくるんです。

あなたのペースでいいんです。そんなに構える必要はありません。

もうお分かりだと思います。英会話を楽しみたいなら、英会話を実践で使いたいと思っているなら、この勉強方法は、本当に効果的だと思います。

英語でジョーク、外国人に通用したら、あなたはちょっぴり嬉しくありませんか?

あなたの言葉で外国人がお腹を抱えて笑うのです。

こんな姿を、あなたも早く実現したいですね。

その勉強法の一つは、何度も何度も英語のCDを聴くことから始まります。

一日に数分でいいのです。毎日聴くことにより、耳が変わります。

■仕事や試験に役立つ英語教材ガイド■ http://eigokyouzai.satyuu.com/
ラベル:英語 ヒアリング
posted by Nick左中 at 18:42| 英語 ヒアリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

英語が話せない本当の理由

私達は、中学より何時間も英語を学んでいます。

これだけ、英語を勉強すれば、スラスラと話せてもいいのですが、
それが、とんと話せない人ばかりです。

いったいこれはどうしてでしょうか?

実は、何年の英語を勉強して話せないのは、

「耳のせい」なのです。

こう言うと、どういうことと驚かれるでしょう。

もう一度言います。

重要なキーワードは「耳の大切さ」、「聴覚の大切さ」なのです。

日本語は、数kHzくらいの間での周波数でしか話していません。
しかし、英語は10kHzの周波数を必要とします。

日本人は、この数kHzくらいの間での周波数で慣れているので、
英語を聞いても、実は音が聴こえていないのです。

つまり、この英語の音がわかる耳を作ることが、何より先決です。
そうした勉強方法を取り入れて行けば、驚くように英語が聞けるようになり、話せるようになるのです。

米国人の赤ちゃんも、日本のあかちゃんと同じように、自然と英語が
話せるようになります。

ママやパパの話す言葉を聴いて覚えていくのです。

皆さん、実はこの事実を英語の先生も知らない方が多いのです。
それでは、どのようにして勉強するのかは、これからお話していきたいと思います。

■仕事や試験に役立つ英語教材ガイド■ http://eigokyouzai.satyuu.com/
ラベル:勉強法 聴力 英語
posted by Nick左中 at 18:18| Comment(1) | TrackBack(0) | 英語 勉強方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。