2007年06月16日

英語が話せない本当の理由

私達は、中学より何時間も英語を学んでいます。

これだけ、英語を勉強すれば、スラスラと話せてもいいのですが、
それが、とんと話せない人ばかりです。

いったいこれはどうしてでしょうか?

実は、何年の英語を勉強して話せないのは、

「耳のせい」なのです。

こう言うと、どういうことと驚かれるでしょう。

もう一度言います。

重要なキーワードは「耳の大切さ」、「聴覚の大切さ」なのです。

日本語は、数kHzくらいの間での周波数でしか話していません。
しかし、英語は10kHzの周波数を必要とします。

日本人は、この数kHzくらいの間での周波数で慣れているので、
英語を聞いても、実は音が聴こえていないのです。

つまり、この英語の音がわかる耳を作ることが、何より先決です。
そうした勉強方法を取り入れて行けば、驚くように英語が聞けるようになり、話せるようになるのです。

米国人の赤ちゃんも、日本のあかちゃんと同じように、自然と英語が
話せるようになります。

ママやパパの話す言葉を聴いて覚えていくのです。

皆さん、実はこの事実を英語の先生も知らない方が多いのです。
それでは、どのようにして勉強するのかは、これからお話していきたいと思います。

■仕事や試験に役立つ英語教材ガイド■ http://eigokyouzai.satyuu.com/
ラベル:勉強法 聴力 英語
posted by Nick左中 at 18:18| Comment(1) | TrackBack(0) | 英語 勉強方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
先日言語音声論の授業で、「s」の音が一番周波数が高いと習いました。英語も日本語もsの音があります。ということは、日本人の耳は英語を聞き取るのに十分な耳ってことですよね。
Posted by at 2010年05月23日 05:06
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。