2007年07月09日

英語は意味のまとまりで聞こう。

英語と日本語、中国語と韓国語、
この違いはわかりますか?

<日本語> それでは、九州地方の今日の天気予報です。
<英 語> それでは、今日の天気予報です。九州地方の

<日本語> 九州地方は、晴れるでしょう。そして、一日中素晴らし
      い天気です。
<英 語> 九州地方は、晴れるでしょう。そして素晴らしい天気で
      す。一日中。

にたような文章ですが、一部違います。
そうです。主語、述語、形容詞の使う順番が違います。

これは、皆さんご存知ですね。

日本語と韓国語は良くにています。ほぼ、並びが同じですので、
英語を学ぶより、韓国語の法が学びやすいはずです。

そこで、勉強方法のワンポイント!!

「意味のまとまりごとに聞くことです。」

上の文章でいくと、
「そえでは」「今日の天気予報です。」「九州地方の」

この三つの意味のブロックで聞きます。

もう一つも同様にします。
「九州地方は」「晴れるでしょう。」
「そして素晴らしい天気です。」「一日中。」

このようにして、とにかく何度も聞いてみてください。
自然に英語がすんなりと入ってきます。

また、この英語の並びにも慣れてきます。
常に日本語の言葉の並びから脱皮する必要がありますね。

posted by Nick左中 at 20:29| 英語 勉強方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。